20代女性は結婚相談所で年収600万円以上を狙える

20代で結婚相談所の入会は早すぎますか?

20代で結婚願望を強く持っている人も、割りと多いのではないでしょうか?
特に自然恋愛にこだわらず、早く結婚して生活の基盤を安定させたい、精神的なよろこどころとなる家庭を持ちたいなど、落ち着いた地に足の着いた理由が多いようです。

比較的大きな会社で、独身男女の数が職場に豊富にあると、仕事上はもちろん、飲み会など出会いには事欠かないとは思います。

しかし、小さな会社で既婚者が多い場合、女性のみの職場など、出会いのチャンスがない女性も、多くいることでしょう。

待っていても出会いは増えない


上記のような事例の場合は、そもそも仕事や生活の周辺で、出会いのチャンスが少ない環境にいると言えます。
そうなると、ただ毎日待っていても、何も変化が起こらないのは、容易に想像がつきます。

だとすると、自ら積極的に行動して、出会いをつくるとか、出会いのある環境へ飛び込むなどの、思い切った行動力が必要になってきます。

そのひとつが、結婚相談所になります。
そもそも論として、合コンなどがほぼ皆無の環境であれば、婚活パーティーなどへ行っても、全く知らない人で、独身かもわからない異性の集まりです。

場を楽しむだけならば、経験のひとつとしては、ありでしょうけど、結婚にはちょっと遠いのかな、という印象です。

年齢が大きな武器になる結婚相談所


結婚相談所にかぎらず、女性の婚活では、年齢が大きなアドバンテージに成ります。
つまり、年齢が若いほうが、男性からのアプローチが多いですし、女性の側から良い男性を選り好みできる立場にあります。

そう考えると、比較的早い段階に結婚相談所へ入会し、自分の価値が旬の時に、容姿がそこそこで、年収が高く、やさしい男性を発掘するのが、賢い婚活だと思います。

1年、2年経過するごとに、どんどん条件が悪くなり、妥協することが多くなるからです。

まとめ


20代での結婚相談所の利用は、決して早すぎということは、ありません

私自身、結婚相談所に入会して活動していますが、20代の女性は思っていた以上に多くいます。
そして、彼女たちは、回転が早い。

入会したとおもったら、すぐに成婚退会してしまう。
それだけ需要があり、理想のお相手を獲得する可能性が高いからだと、思います。

更新情報